稲田工業に入る前

労働記

 2011年3月、東日本大震災に伴い東京電力福島原子力発電所(以下、1F)で、過酷事故が発生した。当時、私は埼玉県に住んでいたが、実家は福島県いわき市にあり、父と祖母が住んでいたので、他人事ではなかった。
 私は、事故やその対応に関する情報が欲しくて、インターネットで東京電力(以下、東電)の記者会見を見るようになった。その会見を見ていて、「東電は本当の事を言っているのか」「事故を矮小化しているのではないか」と思うことも多々あった。また、甘い質問をする記者がたくさんいるとも思った。それで私自身が会見に出たいと思うようになった。
 2011年4月、まずは東京都千代田区にある東電本店の前まで行ってみることにした。そこには数多くの警察官がいたし、東電に抗議する人や原発に反対するデモ行進をする人々がいた。
 後日、再び東電本店の前に行った。門の前には警備員が立っていて入ってくる人の確認をしていた。私は駄目で元々と思って、警備員に近づき「記者ですけど、会見に出たいのですが」と言った。そしたら、「どうぞ」と言われ、簡単に門の中に入ることが出来た。あまりにあっさりと入ることが出来たので、拍子抜けした。記者会見に出る記者用の受付で、所属、名前や連絡先を書いた。名刺が欲しいと言われたので、事前に作成してあった「市民記者と書いた名刺」を渡した。
 会見の時間になり、記者会見に出ることが出来た。
その後、何度も記者会見に出たが、記者会見では十分な情報を得る事が出来なかった。
私は、だんだんと1Fで働いてみたいと思うようになった。
また、鈴木智彦著「ヤクザと原発 福島第一潜入記」や堀江邦夫著「原発労働記」の影響もあった。

 2012年8月に、求人サイトで1Fの作業員を募集している会社を見つけたので応募し、入社した。だが、その会社で私が働いた現場は、東京都や埼玉県のビル、マンションや駅しかなかった。1Fに人を出していたが、私が行く機会は得られなかったので、数か月で辞めた。
 再び求人サイトで探し、複数の会社に応募したが、ほとんどは連絡がなかった。数社は連絡があったが、すぐに1Fで仕事が出来るという会社はなかったし、仕事が出来るようになったら連絡が欲しい、とお願いして待っていたが、再び連絡がくることはなかった。


除染作業をしていた時の放射線管理手帳の記録

 2013年9月に、実家に戻って、1Fで働ける会社を探すことにした。
まず、タンクパトロールで求人を出していた市内の会社に応募し、面接を受けた。タンクパトロールだけでは、あまり情報は得られないと思ったので、同じころに国松工業と言う会社の面接を受けることにした。
 国松工業の社長は父の同級生なので、父に口を利いてもらい面接を受ける事になった。だが、面接の時に、その社長の都合で、面接を受けることが出来なかった。それで、面接がないまま入社することになった。面接もしない会社で大丈夫かと不安になったが、事故が起きる前から原発の仕事をしている会社なので入社を決めた。
 当時、国松工業では1Fに誰も人を出していないので、まずは大熊町での除染作業をすることになった。しかし、除染を始めて1か月ほど待っていても、まったくその話がないので社長に「原発(1F)の仕事が出来ないなら辞める」と言ったら、数日後、永井サービス(元請け会社)の下請け作業員として働けることになった。1Fで働くためには、特定の教育を受ける必要があるので、その内のa教育とb教育をJヴィレッジで受けた。しかし、私が記者会見に出ていたことが国松工業の上位会社である白井建設に知られたようで、1Fでの仕事は白紙になってしまった。「工場など他の現場で何か月か働いてから行かせる」と白井建設の社長に言われたが、信じられなかったので、国松工業を辞めることにした。
 そして、再び1Fでの作業員を募集している会社を探すことにした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました