2013年12月18日 水曜日 退屈な作業

労働記

 面接は問題なかったのだろう。今日から開進総建の下請け作業員として働くことになった。

 午前5時前に起き、実家から車で集合場所のいわき公園に向かった。待ち合わせ時間は6時だが、それより20分ほど早く到着。6時を少し過ぎたあたりで、稲田さんの車が到着したので、その車に同乗し、Jヴィレッジに向う。
7時前にJヴィレッジの駐車場に着いたが、センター棟に近いところはすでに車で埋まっていた。

 7時を少し過ぎたころ、センター棟に向かった。駐車場には、元はサッカーグラウンドだったとわかる場所がわずかながらあった。
 センター棟内で、7時20分ごろに朝礼開始。この朝礼に出ている人間は、元請け会社のOUAの工事に関わる開進総建の社員か、その下請け作業員だ。朝礼に出ている人数を数えることは出来なかったが、30人以上はいただろう。

 朝礼が終わると、稲田さんは1Fに行くので別れ、私は開進総建の事務所に向かう車に乗せてもらった。そこにはOUAの下請け作業員が休憩するための部屋があった。開進総建はOUA以外にも複数の元請け会社の仕事を請負っているのだが、その元請け会社ごとに作業員の休憩部屋が分かれていた。

 休憩部屋で作業が始まるまで待機。退屈だった。
 8時20分ごろから、作業開始。作業と言っても、倉庫の中に置いてある資機材や道工具の整理整頓だ。倉庫は小さいので、1人でも数時間あれば終わるように思えた。
 その作業を四家さんと2人で行った。四家さんは、長髪でサングラスを掛けていて、見た感じは30代。作業着には今村建設と刺繍がしてあった。
 四家さんの指示で作業を行ったのだが、わざと時間が掛かるようにやらされた。他に作業がないので、そうしているのだろう。
 12時になり昼休憩の時間になったので、1時間休憩。午後1時には作業再開だと思ったが、四家さんがやって来たのはそれから30分以上経ってからだった。作業は2時半ごろまで行なった。

 作業が終わり、休憩部屋で他の作業員などを観察していると、3時過ぎに稲田さんが入ってきた。そのあとは稲田さんと今日あったことを話したりして、終礼が始まるまで待った。

 終礼は午後4時少し前に始まり、開進総建の社員が話し終えると帰ることが出来た。
開進総建の駐車場で、稲田さんの車に乗り、いわき公園まで行った。家に帰りついたのは6時ごろだった。

コメント

タイトルとURLをコピーしました