2014年1月9日 木曜日 全面マスクが曇った

労働記

被ばく線量 0.02mSv
現場での作業時間 午前9時40分~午後0時10分

 今日もタンクの雨どい取付け工事に割振られた。
 作業は、資機材置き場からタンク付近の仮置き場に資機材を運んだだけ。指揮をとる人がいなかったのでまとまりがない。無駄に人が多かったので全体的にだらけていた。

 作業としては楽だったが、途中で全面マスクが曇ってしまい、前方がかなり見えにくくなって困った。どこからか空気が漏れているようなので、全面マスクを少し動かしてみると、上の方がきつくて下の方がゆるい。少し経つと頭が痛くなってきた。バンドの締め方が悪かったのだ。次からはうまく調整して全面マスクをしよう。

 午後4時10分ごろ開進総建の事務所を後にした。
 帰りの車内で稲田さんは、私のことを開進総建に出向させたいと言ってきた。パソコンを使えることが影響したようだ。出向したいかと聞かれたので、現場がいいと答えた。原発以外の仕事をやりたいかとも聞かれたが、原発がいいと答えた。
「1Fをなんとかしないと復興出来ないから」
理由を聞かれたのでそう答えると「なにカッコいいこと言ってんだ」と笑われた。だが私は本気だった。

コメント

タイトルとURLをコピーしました