2014年1月21日 火曜日 モックアップ

労働記

被ばく線量 0.04mSv
現場での作業時間 午前9時30分~午後0時20分

 今日もタンクの雨どい取付け工事に割振られた。
 G3タンクエリアでのモックアップを十数人で行なった。
“モックアップ(mock up)”は英語で、“原寸大の模型”と言う意味のようだが、この現場では新しい工事を試しに行なったり、新しい資機材や道工具を試しに用いる場合に使われている。また、それらの訓練もモックアップと言う場合があった。
雨どい取付け作業をしたことがなかったので、新しい型の雨どいを試すのか、今までとは違う型のタンクでの作業なのか、判断出来なかった。班長や他の作業員に、言われた通りに作業していただけだ。
 雨どいは、全てが一体になっているのではなく、分かれている部材を取付けて、それを繋げて作られている。それを取付けて行くと、最後の部材の長さが余ったため、取付けることが出来なかった。泉さんの提案で、雨どいの部材をいくつか抜いて調整し、なんとか形になった。泉さんは、小淵建設の人間で、背が高く、頼りがいのありそうな40代と思われる男性だ。

 昨日から3Mの全面マスクを使い始めた。重松製作所のものよりも口や鼻を覆う部分が、私の低い鼻にはフィットする。その点は良いが、声が伝わりにくいのが難点だ。

 今日は定時の午後4時くらいに、開進総建の事務所を後にした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました