2014年2月17日 月曜日 怒られる三浦さん

労働記

 汚染水タンクの雨どい取付け工事に割振られた。

 朝礼が終わり、開進総建の事務所に行くと、三浦さんは小淵さんに怒られている。
「聞いてねぇぞ。だから、寝てないですぐに戻って来いって言ってるだろ」
 1F行きのバスには乗らずに、事務所に来たのは、OUAのユニックにブラケットを積込むためだ。積込みが終わると、そのユニックに乗って三浦さんと一緒に1Fに向かった。1F構内で使っているユニックなので、車内は汚染している可能性は高いが、助手席でジュースを飲む。汚染は気になったが、渇いた喉を潤したかった。

 現場はH6タンクエリア。行なったのは、ブチルテープを貼ってを塞ぐ作業。金属プレートを取付けても、フランジ部分の穴を全て塞げないので、そこを塞ぐ必要がある。剥離紙を剥がすのは面倒だが、それ以外は簡単だった。
 「本締め、誰やったんだ」
三浦さんは、現場でも小淵さんに怒られていた。雨どい部材の金具取付けがまずいらしい。私と三浦さんで取付けた所かも知れないので、とばっちりを受けないように少し離れた。
 テープ貼りが終わると、朝積込んだブラケットをBタンクエリアに運び、仮置きした。

 定時の午後4時ごろに終業。 

被ばく線量 0.11mSv
現場での作業時間 午前9時40分~午後1時40分

コメント

タイトルとURLをコピーしました