2014年3月26日 水曜日 足らない駐車場

労働記

 今日も雨どい取付け工事に割振られた。

 G4南タンクエリアで、Y管の手直しなどを行なう。
 現場での作業が終わったのでステップワゴンで登録センターに戻り、駐車場に止めた。
「ゴミ捨ててある?」
同乗していた三浦さんに聞かれ、バックドアを開けて確認すると、ゴミは積まれたまま。ゴミを捨てるのに何人もいらないので、三浦さんに1人で持って行くと言って、免震棟近くのゴミを処理している建物までステップワゴンを走らせた。

 ゴミを捨て終え、登録センターに戻ると駐車場は埋まっていた。少し待っていると駐車場が空いたので助かった。しかし、登録センター付近の駐車場が足りていないのは問題だ。大きな問題とは言えないが、少しでも効率よく作業するのには足かせになる。周りには使っていない建物があるので、それを壊して駐車場にすればいいし、駐車場に止めっぱなしの車があるので、それを移動させれば、その分スペースが増える。事故発生から3年以上経つのに、東電はそんなことも出来ていなかった。

 1FからJヴィレッジにバスで向かう。そこに着いたのでバスを降りて、センター棟の正面玄関に行くと、数人でなにかを配っていた。私はバナナ2本をもらう。ちょっとしたことだが、ありがたい。東電の制服を着ていなかったので、なんの組織か尋ねたかったが、近くにその制服を着た人間がいたのでやめておいた。

 午後3時50分ごろに終礼が終わる。伊丹さんが「最近早いですよね」と言っていた。

被ばく線量 0.02mSv
現場での作業時間 午前9時30分~午後0時20分

コメント

タイトルとURLをコピーしました