2014年4月3日 木曜日 段ボールの切れ端

労働記

 今日もタンクの雨どい取付け工事に割振られた。

 行なったのは、G4南タンクエリアでのネズミ返しと雨どいの継目のコーキング。コーキング剤を伸ばす時に「段ボールの切れ端」を使った。以前あったヘラがなかったからだ。福島第一原発の廃炉・収束作業がこんな情けない有様でよいのだろうか。

 ここのタンクは歩廊がないので、継目のコーキングがやりにくい。特に手前側はコーキングガンを当てにくいので苦労する。また、タンク天板の端っこでの作業は少し怖かった。

 定時の午後4時ごろ終業。

被ばく線量 0.03mSv 
現場での作業時間 午前9時20分~午前11時50分

コメント

タイトルとURLをコピーしました