2014年7月22日 火曜日 人員の調整

労働記

 汚染水タンクの屋根取付け工事に割振られた。

 現場に行く前に登録センターで、監督(OUA)の白沢さんと班長の三浦さんは作業員の人員のことで話をしていた。
「タケシくんエリアで3人じゃ少ない。もっと人増やせ」
「線量のこともあるし、作業も3人で十分です」
「今日のうちに終わるんならいいけどさぁ」
監督が人員を調整出来なくても、工事はうまく進むのだろうか。多重下請け構造のせいで、調整をしにくいのではないだろうか。疑問が湧くやりとりだ。

 行なったのは、H2タンクエリアでの角スタッド取付け。0.09mSvも被ばくした。このエリアは線量当量率が高い。

 午後2時40分ごろ終業。いつもより終礼が始まるのが早かった。

被ばく線量 0.09mSv
現場での作業時間 午前8時40分~午後0時10分

コメント

タイトルとURLをコピーしました