2014年7月28日 月曜日 被ばく線量が書かれた紙

労働記

 今日も汚染水タンクの屋根取付け工事に割振られた。

 たけし君タンクエリアで角スタッドを切ったり、資機材や道工具を運んだ。角スタッドを取付ける所はもう少しでなくなる。このエリアでの作業は終わりが見えてきた。

 午後2時50分ごろ終業。

被ばく線量が書かれた紙
2016年6月28日

 被ばく線量をメモするのを忘れてしまった。退域する時に「被ばく線量が書かれた紙」を受取り、それを開進総建の事務所に置いてある用紙に貼らなければならない。月末にその用紙は社員によって回収されてしまうので、その紙は手元に残らない。数日経ってメモしていないことを気付いた時には、その用紙はすでに回収されていた。つまり線量がわからない。開進総建が作業員の線量を把握するのはわかるが、その紙を貼らせるよりも、線量を書いてもらう方がよいのではないだろうか。

被ばく線量 不明
現場での作業時間 午前8時30分~午前11時50分

コメント

タイトルとURLをコピーしました