2014年10月31日 金曜日 当てにするとろくなことがない

労働記

 今日も汚染水タンクの屋根取付け工事に割振られた。

 昨日と同じ現場で同じ作業を行なう。メンバーは青木さん、井上さん、私の3人。井上さんは豊建設の作業員で、中背で痩せ型のおとなしそうな感じの男だ。おそらく20代前半だろう。

 青木さんに、安全ブロックと親綱を持ってきて欲しいと頼んだが、親綱しか持ってこなかった。OUAの監督の加納さんに、安全ブロックの所在を聞くと「現場にある。ないない言う前に探せ」と怒鳴られた。怒鳴る必要はないだろう。彼は立場が強い人には媚び、立場が弱い人間には高圧的な態度を取る人間なので、その意味では納得出来た。加納さんは、中背で太っている男だ。おそらく30代だろう。OUAには出向で入っている。

 青木さんを当てにするとろくなことがない。

 定時の午後3時30分ごろ終業。

被ばく線量 0.01mSv
現場での作業時間 午前9時10分~午後0時50分

コメント

タイトルとURLをコピーしました