2015年2月2日 月曜日 作業員で溢れていた

労働記

 久しぶりに消火配管の設置工事に割振られた。昨年の9月29日以来だ。

 1F構内で東亜電工が使っている休憩所に行くと、作業員で溢れていた。以前も人が多くて狭かったが、今日は通路まで塞がっていたので、移動するのも容易ではない。他社の作業員が「(狭いのは)いつもここに来ない人がどっと集まったからだ」と言っていた。東亜電工は他の元請けより早く作業を再開したので、作業員が集中してしまったのだろう。

 私たちはその休憩所で、要領書の読み合わせを行なった。監督や東電社員が話して、作業員はほとんど聞いていただけなので、楽だった。私はこの工事の担当ではないが、ただ聞いているだけなら問題ないだろう。現場での作業はなかった。

 午後6時ごろ終業。3時間の残業だ。

被ばく線量 0mSv
現場での作業時間 無し

コメント

タイトルとURLをコピーしました