2015年2月27日 金曜日 東電社員からの注意

労働記

 今日もJヴィレッジ廃液輸送に割振られた。現場はJヴィレッジ。

 1回目の作業では、タンク内に入っていた水中ポンプとホースを引き上げて、養生した。養生するのは、中に入っている汚染水が外に漏れても、問題ないようにするためだ。それを現場に仮置きした。

 私は直接見ていないが、高見工業の海野さんと宇佐美さん、小淵建設の橋本さんは現場にいた東電社員に注意されたようだ。それを目撃していた栗林さんの話によると、タンクの上からポンプを下ろす時に、そのすぐ下にいたので「KYをちゃんとやっているのか」と言われたらしい。橋本さんは、中背で小太りのもっさりとした感じの男だ。還暦を過ぎているようだ。

 2回目の作業は、風が強かったので現場の整理整頓だけを行なった。

 作業が終わって事務所に戻ると、高見工業のまとめ役をしている作業員に、海野さんと宇佐美さんが東電社員に注意されたことを伝えた。彼と話し合い、その二人は明日から、他の工事で作業することになった。

 午後7時ごろ終業。4時間も残業した。きつい。

被ばく線量 0μSv

現場での作業時間 
1回目:午前9時40分~午前11時50分
2回目:午後1時~午後2時

コメント

タイトルとURLをコピーしました