2015年3月13日 金曜日 東電社員の思い付き

労働記

 今日もJヴィレッジ廃液輸送に割振られた。

 Jヴィレッジでモックアップを行なった。Jヴィレッジにある汚染水は、1Fに運んでタンクに移す。1Fに運んでからタンクに移すまでの作業を、水道水とパワートートを使い模擬的に行なった。

 水はポンプで移すので、合図や掛け声が必要だ。始めのうち、作業員達はその合図をうまく出来なかったが、何度かやるとうまく出来るようになってきた。1回目の作業が終わるころ、東電の渋沢さんが合図の時に復唱するようにと指示してきた。いきなりそんなことを言われても出来るものではない。思い付きで言うのはやめて欲しい。

 2回目の作業の時に、同様のモックアップをしていると、渋沢さんが「復唱」と声を張り上げた。それで作業員達は復唱するようになったが、ややこしくなってしまいモックアップはうまくいかなかった。

 最後のモックアップが終わった時に、東電の石橋さんが掛け声は「過去形にすると良い」と言ってきた。例えば「ポンプ始動」なら「ポンプ始動しました」といった感じだ。それをこのメンバーでやるのは難しい。私でも少し練習しないと出来ないはずだ。思い付きで言うのはやめて欲しい。石橋さんは、中肉中背で、軽薄な感じの男だ。おそらく30歳くらいだろう。

 午後4時30分ごろ終業。昨日の赤津さんの理不尽な言動のせいで、まじめにやる気がしない。バカらしいので、月曜日の準備を全部終わらせずに帰った。それでも1時間30分は残業した。

被ばく線量 0μSv

現場での作業時間 
1回目:午前9時40分~午後11時40分
2回目:午後1時~午後3時10分

コメント

タイトルとURLをコピーしました