2014年2月24日 月曜日 Bタンクエリアから見た1~4号機

労働記

 今日もタンクの雨どい取付け工事に割振られた。

 行なったのは、BタンクエリアでのY管と立管の取付け作業。作業中、少し待ち時間が出来たので1~4号機を見ると、汚染水タンクがある場所より低い位置に建てられているのがよくわかった。もし、土地を削られずに建てていれば、津波の影響を軽減できたのではないか、そんなことを考えた。

 作業が終わり、入退域管理棟での汚染確認を済ませ、階段を上ると前方に原子力規制庁の人間が2人いた。横に並んで、ゆっくり歩いていたので邪魔くさい。彼らは、他人に迷惑をかけていることに気づかないのだろうか。それとも気付いているが、気にしていないのだろうか。どちらにしても、こんなことでは作業員の信頼は得られない。

 午後4時40分ごろ終業。

被ばく線量 0.04mSv
現場での作業時間 午前9時40分~午後3時10分

※参照:国会 東京電力福島原子力発電所事故調査委員会 報告書 P60

コメント

タイトルとURLをコピーしました