2014年3月10日 月曜日 パトロールのみ?

労働記

 朝礼で開進総建の社員がトラブルについて話した。
「先週の金曜日に、OUAの下請け会社の作業員が、汚染水配管の閉めてはいけない弁を閉めてしまった」
その社員の後に、東電社員が補足した。
「東電もOUAとよく打合せしていなかった」
普段、東電社員はこの朝礼に参加しないので、このトラブルが起きたので参加したのだろう。だが、その下請け会社が開進総建なのか、他の会社なのかは伝えられなかった。

 そのトラブルがあったため、ほとんどのOK工事は、通常の作業が中止となり、現場のパトロールのみをすることになった。開進総建の事務所で内作をする予定だったが、小淵さんに「ヒデも来い」と言われて1Fに向かう。

 雨どい取付け工事をしているタンクエリアに行き、仮置きしてある資機材や道工具の確認をして、必要があれば風で飛ばされないようにした。
 その他に行なったのは、OUAのステップワゴンの洗車。OUA監督の白沢さんに、私だけが頼まれた。
「お偉いさんが来る」
彼は洗車する理由をそう話した。馬鹿馬鹿しいので、ぞんざいに洗車していると「こうやんだ。貸してみろ」と言われ、タオルとホースを取られ、手本を見せられた。

 登録センターに戻ってからが長かった。これから始まる工事の下見をしていた八木さんと棚橋さんが、なかなか戻ってこなかったからだ。登録センターを出たのは午後2時すぎ。開進総建の事務所に着いたのは、午後3時ごろだった。
「1Fに行ったメンバーが帰ってきたら終わりで、早めに帰す」
朝礼の時に、赤津さんはそう言っていたが、終業するころには定時の午後4時になっていた。

被ばく線量 0.01mSv
現場での作業時間 不確認(おそらく午前10時30分)~午後0時20分

OK工事:元請けがOUAで、1次請けが開進総建の工事

コメント

タイトルとURLをコピーしました