2014年6月27日 金曜日 はみ出している塗装

労働記

 タンク組立て工事に割振られた。

 どこかのタンクエリア(確認出来なかった)で、堰の外側に細長い金属の板を設置する作業を行なう。ただ置くだけなので簡単だが、一辺だけ大変だった。固いゴムのような塗装が、設置位置まではみ出していたので、それを切る必要があったためだ。

 カッターを使って切ったのだが、固かったので何度か刃を折ってしまった。一緒に作業していた今村建設の波多野さんも折っていた。塗装時に、ちゃんと養生してあれば、こんな苦労をしないで済んだのではないだろうか。波多野さんは、私と同じくらいの身長で痩せ型の穏やかな男だ。クラスは違うが、同じ高校で学年も同じ。こんな所で一緒に働くことになるとは思わなかった。

 午後4時40分ごろ、開進総建の事務所を後にした。また三浦さんらの都合で遅くなった。同乗して通えばガソリン代は浮くし、楽だが、こうやって遅れるのが嫌だ。

被ばく線量 0.05mSv 
現場での作業時間 午前8時30分~午前11時30分

コメント

タイトルとURLをコピーしました