出張

労働記

 移動日を含めて5月6日から6月8日まで、群馬県みなかみ町にある「玉原発電所」で働いた。そこは揚水式水力発電所で、定期点検を行なった。
 
 具体的には、配管やタンクの点検手入、配管の改良工事などだ。楽しくはなかったが、ここでの経験は1Fでも活かせそうだ。

 一緒に出張に行ったのは広川さん、川崎さん、島谷さん。3人とも小淵建設の人間だ。島谷さんは背が高く、顔は芸人の阿曽山大噴火に似ている男だ。おそらく30代だろう。日曜日にプリキュアを見ていたことが印象に残っている。私は彼と相部屋だった。

 宿は発電所と同じみなかみ町にある民宿。島谷さんは嫌ではないが、禁欲的な生活だったのが苦しかった。もともと出張は望んでいないが、それでますます嫌になった。今後、頼まれても断ろうと思う。

 楽しくないことばかりの出張だったが、良いこともあった。通勤途中で、何度か野生のカモシカを見られたことだ。子どものカモシカは本当にかわいい。

 1Fで働いていた方が充実しているし、やりがいもあっていい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました