2014年11月7日 金曜日 仲間の大怪我

労働記

 今日も汚染水タンクの屋根取付け工事に割振られた。行なったのは、G4タンクエリアでの出っ張っている骨組み(単管パイプ)の切断と屋根剤取付け。

 作業をしていると救急車の音が聞こえたが、どうせ大したことないだろうと思って、気に留めないで作業を続けた。その後、OUAの監督が「作業中止」と言ってきた。OUAが請負っている工事で事故が起きたらしい。切りのいいところまで作業を終わらせて、片付けを済ますと現場を後にした。

 登録センターに戻り、休憩していると開進総建の下請け作業員3人が怪我をしたと聞いた。その中には意識不明の人もいるようだ。あの時の救急車のサイレンは、仲間の大怪我を知らせるものだった。

 定時の午後3時ごろ終業。

 家に戻り、東電のウェブサイトで情報を確認する。意識不明だった作業員の意識は回復したようだ。とりあえず良かった。

被ばく線量 0.04mSv
現場での作業時間 午前8時40分~午後0時30分

コメント

タイトルとURLをコピーしました