2014年12月25日 木曜日 今年最後の作業

労働記

 今日もJヴィレッジ廃液輸送に割振られた。

 浸透探傷試験(以下、PT)と片付けを行なった。PTを行なうことにより、物の表面の傷を調べることが出来る。今回の対象は新しくタンクの溶接をした箇所だ。水力発電所に出張で行った時に補助作業はしたが、まともにPTをするのは初めてだったので、川崎さんに教わりながら行なった。

 養生を剥がして、溶接個所に赤いスプレー(浸透液)を吹き付けて10分ほど置く。ウエスに洗浄液を掛けて溶接個所を拭く。溶接個所に白いスプレー(現像剤)を吹き付ける。傷があれば白いスプレーをした所が赤くなるので、それを確認する。赤くならなかったので傷がなかったと言うことだ。川崎さんが丁寧に教えてくれたので、問題なく出来た。

 明日から長い休みに入るので、片付けはいつもより丁寧に行なった。

 午後3時ごろ終業。東電の記者会見に出ていることがバレたらどうしようかと不安だったが、1年間1Fで働けた。途中で出張があったのは想定外だったが、それも良い経験になった。この1年で多くの情報を得ることが出来た。

 小淵建設の作業員らと飲み会があるので、家に帰らずにいわき駅近くのホテルに行った。愚痴っている人もいたが、楽しく飲めた。

被ばく線量 0μSv
現場での作業時間 1回目:午前9時10分~無確認 2回目:無確認~午後1時50分

コメント

タイトルとURLをコピーしました