2015年2月13日 金曜日 評判が悪い作業員

労働記

 今日もJヴィレッジ廃液輸送に割振られた。

 打合せの前(午前8時30分前)に高見工業の海野さんは、開進総建の事務所に置いてある救急箱を漁りながら「風邪薬がない」と騒いでいた。うるさいので「そんなのないよ」と言った。他の開進総建社員にも「救急箱に風邪薬なんてねぇべ」と言われていた。彼は昨日、熱が出たらしい。作業中に具合が悪くなると困るので、現場に入れないようにした。高見工業は開進総建の下請け会社。海野さんは中肉中背の男だ。おそらく50代だろう。他の作業員からの評判は悪い。

 風が強かったので、通常の作業は中止になった。1回目の作業では養生のシートを風で飛ばされないようにした。2回目の作業では、資機材などを仮置きしているプレハブ小屋の整理整頓と掃除を行なった。

 午後4時30分ごろ終業。1時間30分残業した。

被ばく線量 0μSv

現場での作業時間 
1回目:午前9時20分~午前10時20分
2回目:午前11時50分~午後0時30分

コメント

タイトルとURLをコピーしました